« リーフファンクラブ休止の顛末 4 | トップページ | リーフ HP閉鎖 »

2007年4月 8日 (日)

ファンクラブ休止から怒涛の1週間

リーフファンクラブの休止から1週間。
怒涛の1週間だったような気がする。
なんかもう疲れた。
私が疲れてもしょうがないんだけどさ。

金沢有倖さんのblogで、リーフに関する記事が掲載され
その中に編集部から週末に倒産の連絡があったと書いてあるので
もう倒産ってことで記事書いてもいいかなぁと思いました。


私も過去、2度ほど勤めていた会社の倒産という
経験をしてるので、社員さんたちの気持ちは
多少なり分かるような気がします。

社長に連絡がつかない。
所在が分からない。

どうやら本当らしいです。

…こういう場合、よくあることです。
最初の会社が倒産したとき、私も経験しました。
その時は、専務が誠実に対応してくれたんですが
リーフさんは専務さんも音信不通らしいです。
もう何と言っていいやら分かりません…。

明日、どうなるのか。
全ては明日から始まりますね。
社長、姿 現すんでしょうか。
 
 
会社への出入り禁止になる前に、出来る限りの手を打ってくれた
社員さんたちには感謝です。

 私たちもそうでしたが、倒産を告げられた時点で通常業務は無くなるので
 関係者(クライアント等)の不利益を、少しでも減らす方に走りました。

 預かっている原稿や、パターンなどを隠したり私物に紛れさせたり
  (これらは他の印刷所へ持っていけば続けて使えるので。
   他所で最初から作り直すと余計なお金がかかってしまう)
 とにかく会社の外へ持ち出すということでした(^^;
 管財人に押さえられたら最後なので。
 
 
とにかく時間との戦いで、その中でリーフの社員さんたちも
精一杯に対応してくれたんだと思います。
会社が何だか危ないみたいだぞ?というのは、働いていると
イヤでも感じるものです。
そして、出来るだけコッソリ万が一の時の準備を始めてたりします。

こちらが、どうなるのかなぁと思ってたこと、不安だったことには
可能な限り対処してくれたみたいですよね。
 
 
ファンクラブ年会費の返還(差額分含)

予約品で支払い済分の返還

全員サービス分の為替の返還

年間購読の未発送分の返還

遅延書籍の通販予約者への発送
 
 
などなど。

限られた時間の中での処理作業なので、もしかしたら
一部、対応漏れしてしまってるものもあるかもしれません。
それに対する問い合わせなども、明日以降ハッキリすると思います。
 
 
 
同情すべき点は多々ありますが、それでも、どうしても
一企業として、あまりにもお粗末すぎる経緯だと言わざるをえません。

狙ったとしか思えない社長の業務停止発表時期。
なぜ週末?
なぜ音信不通?

|

« リーフファンクラブ休止の顛末 4 | トップページ | リーフ HP閉鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーフファンクラブ休止の顛末 4 | トップページ | リーフ HP閉鎖 »